×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚指輪をしている男が出世しない理由

結婚指輪をしている男は出世しない

成功している人を見て気づいたことがあります。既婚、未婚に関わらず、結婚指輪をしている人が少ないのです。(未婚はあたりまえですが)

なぜだかわからないのですが、とにかく少ないのです。

おそらく仕事中に家族のことを思い出してしまうのがマイナス効果だからではないかと思います?

結婚指輪が目に入ると家族のことを思い出すことがあると思います。

別に悪いことではないのですが、仕事中はやめた方が良いでしょう。

よく結婚して丸くなったなどと言われる人もいますが、仕事でも同じことが言えるのです。

人は丸くなるとチャレンジしなくなってしまうのです。

家族のために仕事をしているという人間がいるがふざけたことを言うなと言いたいです。

仕事は自分のためにするものです。

私の知り合いにコンサルティンング会社の経営者がいますが、彼は最終面接で必ず「誰のために仕事をしていますか?」と聞くそうです。

そこで「家族のため」だとか、「社会のため」だと答える人間は採用しないそうです。

「自分のため」と答える人間しか採用しないのです。この考えに私も大いに賛成です。(まあコンサルティングファームに飛びこんでくるような人間はほとんどが自分のために仕事をしているでしょうが)

誰かのために仕事をしているなどというのは所詮、逃げでしかないのです。

最後に勝つのは自分のために仕事をしている人間なのです。

だから薬指の結婚指輪を見て「よし、家族のためにがんばるぞ」などと言う人間は何かがなければがんばれない弱い人間ということになります。

そんな人間が成功者になれるほど世の中は甘くないのです。

だから結婚指輪をしている人間は出世しないのかもしれません。(少し強引でしたか?)

スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP