×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

情報商材 買ってはいけない

買っても良い情報商材・買ってはいけない情報商材

巷には色々な情報商材があふれていますが絶対に買ってはいけない情報商材というのがあります。

それは、「お金儲け」に関する情報商材です。

「絶対に儲かる副業のやり方」や「何億稼ぐアフリエイトマニュアル」などというタイトルの情報商材がありますが、絶対に買ってはいけません。

自分である程度のお金を稼ぐようになると分かりますが、本当に儲かる方法は絶対に他人には教えたくありません。絶対にです。

たとえ100万円で買ってくれると言っても教えません。5億円払ってくれるならようやく検討するレベルです。それでも私は教えたくありません。

何で儲けたかは教えても良いですが、具体的なな方法は絶対に教えません。

実際にこのサイトでも何で儲けたか(株、アフィリエイト、転売です)は書いていますが具体的な方法は書いていません。

なぜならそれを教えたら自分の儲けが減るからです。

絶対に儲かる副業の方法、などという商材を売っているのを見るたびにこれを売っている人は絶対に貧乏だと分かります。

なのであなたがお金持ちになりたいのであればそういった商材は絶対に買ってはいけません。

ただ私もそういった商材を売っている人でもすごいなと思う人もいます。

それは「儲かる方法」という商材を一番最初に売った人です。

一番最初に売った人は絶対に儲かったと思います。それを売り出す段階ではお金持ちではなかったと思いますが、売り終わった時にはお金持ちになっていたでしょう。

資本主義というのは分かりやすく言うと「頭の良い人が、頭の悪い人から合法的にお金を巻き上げられるシステム」です。

儲かる方法の情報商材を最初に売った人は頭が良いひとです。それを買ってしまった人は少し頭の悪かったひとです。

それを今更、売ろうと考えている人はもっと頭の悪いひとです。

それを今更、買ってしまう人は相当頭の悪い人です。

資本主義の戦場で生き抜くために頭を良くしましょう。

最後に買っても良い商材は料理のレシピや、ランニングの上達法などの具体的な内容のものです。ただし値段が1,000円以下の場合に限ります。それ以上払うのであれば書店で本を買った方が良いです。

スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP