×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資格を取ると貧乏になります?

自分に自信のない人ほど資格をとりたがる

最近「資格を取ると貧乏になります」という検索ワードでこのサイトを訪問してくれる方が非常に多いです。 どうしてだろうと調べてみたらそういうタイトルの本が発売されたらしいです。 長すぎる検索ワードで訪問してもらえる時はたいていその手の本が出版されたときなので今回もそうでした。 このサイトでも以前、資格を取っても食べていけないし、その時間をホームページ作成にでも充てた方が稼げる という内容のコラムを書いたのでそれがひっかかったようです。

この本は読んでいませんので詳しい内容は分かりませんが、アマゾンの紹介文とレビューを見る限りでは私の言いたいことと 同じではないでしょうか。弁護士や会計士などの難関資格を取ったとしてもその辺のサラリーマン以下の年収しか稼げずに その資格を取得するために投資した費用やお金を回収することができないという士業の厳しい現実を紹介しているようです。

毎回同じような意見で恐縮ですがこのご時勢に資格を取って稼ごうというのは考えが甘すぎるのではないでしょうか? 稼げる資格などというものは存在しないのです。あなたが資格を取って儲かるのは資格の予備校です。 合格したところで大した収入も稼げない資格のために何十万も支払うのは本当に馬鹿げています。 そのお金を他のことに投資した方がよっぽど資産を増やすことができるのではないでしょうか。

あなたがどうしても「弱い者を助けたいから弁護士になる」といった使命感に燃えているというのであれば別ですが、 何となく安定していそうだから、とか会社員よりは稼げそうだからという理由で難関資格を目指すのであれば もう一度よく考え直したほうが良いでしょう。無駄なお金と時間を使うことになってしまいます。 とくに20代、30代の1年間というのはその後の人生を決める非常に重要な期間となります。 この期間で将来のお金を生み出す仕組みを作り上げることができるかどうかがあなたの人生を大きく左右してしまいます。 100歩譲って、お金の無駄使いをしたとしても、人生の無駄使いだけは絶対にしてはいけません。

スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP