×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式に会社の上司や同僚を呼ぶな

本当は行きたくない

自分の結婚式に会社の上司や同僚を呼ぶのはやめましょう。

一昔前であれば会社の上司にスピーチしてもらうのが一般的でしたが今は時代が違います。

たまたま勤めている会社が同じというだけで結婚式に呼ばれるのは非常に迷惑です。

そもそも結婚式自体、一般人が挙げるようになったのはここ数十年の話なので伝統を重んじるとかいうこと自体ナンセンスです。

会社関係を呼びつけてはいけません。友達から招待されるのとは大違いなのです。友達なら喜んで出席します。

上司の立場に立ってみれば分かりますが部下から結婚式に招待されたら行かないわけにはいきません。

週に1回か2回しかないせっかくの休日を潰してさらには5万円から10万円のご祝儀を包んで行かなければならないのです。

そんなお金と時間があれば家族のために使いたいと思うのです。

しかも1人の部下の結婚式に出席してしまったら他の部下が結婚するときも呼ばれれば行かなければならないのです。

あなたにとって上司は1人かもしれませんが上司からしたら部下はあなた1人ではないのです。

あなたは休日の貴重な時間とお金を使って芸能人でもないただの一般人の晴れ姿を見に行きたいと思いますか?

親しい友人なら分かりますが、ただ同じ会社に勤めているだけという理由で他人様の貴重なお金と時間を奪ってはいけません。

会社関係を結婚式に呼ぶのは合法的なカツアゲと同じなのです。

結婚するような年齢になったらそれ位の配慮ができる人間になりましょう。

もし結婚式をすることになったら早めに上司に報告をして「式は身内だけで行います」と言ってあげましょう。上司や同僚はホッとするのです。

本当に身内だけで挙げなくても「身内だけ」と言ってしまってかまいません。

ブログやFacebookで結婚式の様子がバレるかもしれませんが誰も気にしません。

「私は呼ばれなかった」などと言う人はいません。

むしろ「呼ばないでいてくれてありがとう」と思うのです。

結婚式に会社の人を呼ぶという誰も得をしない習慣は早くこの国から無くしていきましょう。

スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP